トラブルが大きくなる前に借金相談をしよう

大学生になったらまずはクレジットカードを作ろうと思う人もいるかもしれませんね。基本的には自分で働いて給料を貰っている人でなければ発行できないというケースも多いのですが大学生でも大丈夫というところはあったりします。

まぁ、民間企業がその基準を決めることですから絶対的なラインがあるということは言えません。そう考えるとちょっとマイナーな銀行とかだったら比較的簡単に作れるのではないかと個人的には思いますよね。

キャッシングの利用限度額を5万円とか低額にしておけば滞納の問題も大きくはならないでしょうし。とにかく学生さんはお金がないとは言っても親の仕送りとかがあったりしますからその辺は問題なく返済できるのではないでしょうか。

携帯電話の料金なんかも自分でアルバイトをして支払っているという人もいるとは思うんですけど意外に多くの人は親が払ってくれているというようなこともありますし。ある程度裕福な家庭だったらそれが当たり前だったりしますからね。

借金を抱えるにしてもそもそも大学生では返済できる額に限りがあるということで数万円程度しか借りられないということはザラです。そうであればある程度審査の基準がゆるくてもクレジットカードを発行してもよいのでは?と思うのですがどうでしょうか。

それに大学生って色々とお金を使う場面も多いですからクレジットカードの活用術を覚えておいてくれれば社会人になった時にもっといっぱい使ってくれるでしょうし。まぁ、この辺は責任者が判断することなのかもしれませんけどね。

いずれにして大学生で多額の借金を抱えるということはほとんどないわけです。まれにギャンブルに手を出して数百万円もの負債を抱えてしまう人がいるようですがこれはかなり特殊な例と言っても過言ではないでしょう。

一般的には収入のない学生さんにここまでの金額を融資してくれるような金融会社ってありませんから。そう考えてみると特に大きな問題も起きにくいわけですから学生さんにももっと積極的にカード発行を認めるべきです。

もっとも、利用する学生側もそういった面に配慮してキャッシングなんかを利用するべきだと思います。フリーターであればある程度の額を融資してもらうことができますがさすがに100万円を超えてしまうと返済が困難になってしまうのは当然です。

なので、もしも返済ができないようであれば早めに債務整理をしてトラブルが大きくならないようにすることも重要になってきます。借金の相談というのは無料になっている法律事務所が殆どなのでまずはプロに相談するということから始めてみるべきでしょう。

返済でお悩みの方はこちら⇒借金相談